商品についてのよくある
お問い合わせ(FAQ)

よくあるお問い合わせ

FAQを検索
FAQを検索

Q&A

選択項目

ゼロ点校正(キャリブレーション)のやり方を教えてください。

<校正準備>

正確な校正を行うため、左側のクランクアームに負荷をかけ、本製品とクランクの結合部分をなじませます。

• この作業は左側のクランクアームのみ必要です。また、パワーメーターモードで使用する場合も、校正の前にはこの作業を行ってください。

• 校正およびフォースプレビューの前に実施してください。

• ペダルをつけたままゼロ点校正を行っても、パワー測定値の精度への影響はありません。

<1> 左クランクアームを前方に向け、クランクアームが地面に対して水平になるようにリアホイールを回転します。

<2> リアブレーキでリアホイールをロックし、左ペダルに足を載せて、約 5 秒間体重をかけます。このとき、右のペダルには足を載せないでください。

<ゼロ点校正と確認>

<1> クランクアームを地面に対して垂直になる位置で止めます。

<2> SGX-CA900 のホーム画面で[センサー]のアイコンをタップするセンサーリスト画面が表示されます。

<3> [ペダリングモニター R]-[校正(ゼロ点)]の順にタップする

<4> [校正スタート]をタップしてください。5秒ほどで校正が完了します。

<5> [フォースプレビュー]の値を確認します。[接線方向フォース]と[法線方向フォース]が次の値であることを確認します。

• 接線方向フォース:0 ± 3N

• 法線方向フォース:0 ± 3N

以上で右側の校正は終了です。同様に左側の校正を行ってください。
このFAQは お役に立ちましたか?
→お問い合わせ窓口一覧へ
※FAQを充実させるため、評価にご協力ください。

他のFAQを検索

検索BOXでFAQを再検索